CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< 不景気時代のうごき方 | main | 99.9%トップで決まる >>
がむしゃらになろうぜ!
今年はセンター試験受験者が多い学年になりました。
力が出し切れなかった生徒はともかくまだまだそこまでも行けていない
生徒もいて、特に高3から受験勉強を始める、なんていう場合は
時間がなさ過ぎます。チンタラとやっている時間はありません。
悔しい思いをさせないためにも次年度の進学組には高1からもっと強気で
進めていこうと思います。
その際のテーマは「がむしゃらに」です。
誰かにやらされてるとか、成績を上げたいからとか
勉強する理由はいろいろあると思いますが、子どもなんだから
もっともっと、ただ「がむしゃら」になって欲しいと思います。


経営者のセミナーなどでは「人材は育てるものではなく自ら育つもの」だと
言われます。経営者はその土壌を、環境を、社風を整備するのであって
社員を育成しようと力むものではありません。


これは子どもたちにも言えると思います。
学力は先生に付けてもらうものではありません。
自ら必要だと感じ、誰のためでもない、自分のために力を付けることだと
理解し、没頭しなくてはなりません。

そんなコーチングをしていかなくてはいけないことを痛感しています。
学習内容を上手に教えることよりもむしろ重要です。

受験に勝つことをイメージするためにはまず夢を明確に描くことだと思います。
できるだけ細部にわたるところまでイメージ出来ると良いですね。

そして、ただがむしゃらにがんばれる子どもたちでいて欲しいと願います。
大人は子どもたちの「がむしゃら」の芽を摘まないようにしたいものです。
| 塾 教室運営 | 07:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/1296
トラックバック