CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< うちの高等部 | main | 大学合格までの道のり >>
今月は東京で新しい出会いが・・・
再来週にペガサスの集まりが東京であるのですが、その集まりに呼ばれて
僕の開校当初の話などをさせていただくことになりました。
(お越しになる方々、よろしくお願い致します。)
僕が感触として持っている生徒数の限界が
第一段階30人、第二段階50人、その次からはうまくやれば70〜100人を
1教場でスタッフ5人くらいで見られるのではないかと思っています。
ただし、これはあくまでもペガサスのように1人1席準備して集団の中で
個別なみの指導をしていくいわゆるパワー個別と称されるやり方での話で
先生1対生徒3人などというスタイルではとてもじゃないですが5人では
見切れません。

一見、1対3のようなスタイルの方が効果があると思われがちですが
僕はそうは思っていません。
集団授業と個別指導の中間あたり、やや個別指導と呼ぶにはつらいのでは?
という辺りで運営できるのが、運営側も指導を受ける側も良いと思っています。

ただし、従来のようなやり方では絶対に無理です。
クオリティーを落とすだけです。
1対6になれば1対3の時よりも2倍クオリティーが落ちます。
いや、もしかすると3倍も4倍も落ちるかもしれません。
それは講師の力量によるものだからです。

それを徹底的に排除できるように工夫しながら10年、やって来ました。
まだまだ発展の段階ですが、毎年、毎年、課題が見つかり
それに対して何とかしてきました。
今年はおかげさまで、私立中学、国立高専には志望者全員が合格しました。
国立大学にも3名合格しました。

その辺りまでに経験したことをベースに0からの運営方法などを
お話しできればと思っています。
元大手進学塾の方もいらっしゃるので、お会いできるのを楽しみにしています。
関西でようやく軌道に乗り出しつつあるペガサスの集まりとの
架け橋になれば・・・とも思っています。
| 学習塾ペガサス | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/1348
トラックバック