CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< マイクロソフト社の取材を受けました | main | 話題のコミュニティーをどう使うか >>
やる気の源
メルマガ 「学習塾経営 相談Q&A」
毎週金曜日に発行しています。(本日発行予定)
登録、解除はこちらよりお願いします。


先日、鳩山さんが総理を辞任されました。
誰がやってもすぐにやめてしまう
総理は1年持たない・・・
なんて言われますが、これだけ批判ばかり
されたら誰だってやめたくなりますよね。


与野党があって意見をぶつけ合うのは当然ですが
そうではなく、足の引っ張り合いばかりやっている
そんな気がしてなりません。

良いものは良い、良くないものは良くない。
打ち出された案に対しては代案を持って批判する。
どこの企業でも当然のように行われていることが
国会内や、マスコミなんかでも見られません。

要は「文句ばっかり言っている」
状態になってしまっていることに問題があるかと。

このままじゃ、次に総理になる方も
足を引っ張られ辞任に追いやられることでしょう。


小学生の息子の担任が
「1人はみんなのために。
        みんなは1人のために。」
と、授業参観で仰っていました。
まさにそれですね。


子どもたちが勉強をしない時に
「早くやりなさい!」
「○○日までにやるって言ったでしょ!」
なんてことばかり言ってたら
「僕、もう勉強したくない!」って
言い出すのと同じですね。

ワクワクすることや
褒められた、実現した・・・という嬉しい体験が
次へのやる気につながります。
それしか、次へのやる気は出てこないと言っても
過言ではないと思います。

| 政界、財界について | 05:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/1789
トラックバック