CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< 完成度と時間のバランス | main | 分業について >>
小差が大差になる
そんな細かいところまで・・・
って思うようなことに
どのくらい気をかけられるか。



例えば、外食なんかで会計の際に
お釣りが新札なのと、くしゃくしゃなのでは
当然、もらう側の気分が違う。

もちろん、そんなこと
気にしていない人も
たくさんいるでしょうけど

気分がいい!って感じる人が
いるかいないか、が大きいです。


塾で初めての際に渡すテキストが
たまに、保管の際の癖が付いていて
グニャッと曲がっているものがあるのですが
その状態では絶対に渡しません。

たとえ、渡すのが次回の授業になったとしても
重しをしてまっすぐにしてから
渡すようにしています。

使用に差し支えがあるかないか
ではなく、単に「気分」の問題です。

机の上、椅子の上、スリッパ、玄関
教室の雰囲気(空気、臭いなど)
挙げ出せばキリが無いですが

そこまで気をつかうの?
ってことの積み重ねで「場」が
形成されていきます。

1つ1つはたいしたことではないですが
10個、20個と、項目が増えてくれば
自ずとその差が大きくなってきます。


お店なんかに入ってすぐ
なんか陰気な空間・・・
って感じるところってありませんか?

それはおそらく小差が大差になって
場が形成されているからだと思います。
| 経営日記 | 09:47 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/4253
トラックバック