CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< 良い人と良い情報と | main | 勝手な固定概念にとらわれない >>
実績を公開するわけ
各校から入試結果が入り
入試もいよいよ佳境を迎えている。


●●校合格、○○大学合格 など
当初、私は打ち出すことに抵抗があった。

それは、子どもたちの頑張った結果であり
塾の力ではないからである。

「塾の先生のおかげです!」などと
とてもありがたいお言葉を頂戴することもあるが
とんでもない!話である。

我々はきっかけに過ぎない。
最後まで頑張った生徒本人が掴んだ結果だ。
逆に不合格は我々の責任だ。


そういう思いがあるから抵抗があったのだが
受験生以外の生徒や保護者にしてみれば

「この塾からはどんな学校へ
 進学しているのだろう?」

「この塾で頑張った生徒たちは
 結果を出しているのだろうか?」

こういう情報が欲しいのも事実。
実際に保護者の方から聞かれることもしばしば。


つまり結果を「見える化」して「伝える」
という観点から結果を打ち出し公表するようにした。

他塾と比べたり、過去の実績と比べたりして
自塾の価値が上かっているかのように見せるためではない。
そこを誤解されないように注意しておきたい。
| 学習塾経営 | 08:41 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/4411
トラックバック