CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< 迅速に動く | main | 情報の捉え方 >>
指定校推薦という制度について
この春、見事に大学合格した生徒から
ちょっと残念な話を聞いた。


ちょっとやそっとのがんばりでは
なかなか一般入試で合格できない人気校に
指定校推薦で合格した生徒。

大学生活が楽しいらしく
毎日とてもエンジョイしているそう。

それはそれで良いんだけど
ちょっとびっくりした一言が。
とても残念な気分になった。


「自分がこの大学に行けたのは
 日頃からコツコツやっていたからじゃなく
 テスト前に徹夜してでも
 必死で点数を取りに行ったから。
 ただそれだけ。」

保護者の方も
「高校生活を要領よくやれて良かった。
 このまま大学生活も要領よくやって欲しい」
と。


たしかに、要領よくやることも大事だけど
それでうまくいったという経験をさせてしまって
はたして良いものなのかどうなのか。

少し疑問に感じてしまった。


この子がいつ、壁にぶつかり
その壁を真正面から受け止めて
クリアーしていくのかを考えると
我々の進路指導も、もう少し考えないといけないな
と、本当に残念な気分になった。

私大一般入試は今後、助成金カット云々で
ますます難化の傾向にある。

指定校推薦やAO入試などは
もっともっと厳しい基準を設けるべきではないかと
改めて感じた。
| ひとりごと | 14:15 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/4469
トラックバック