CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< 心の状態 | main | すぐ動き、継続させる >>
長所だけでなく短所も直視する
昔、ある生徒との面談の際に
普段は理解できているのに
模試でその力が発揮できない
という相談があった。


もう志望校のランクを下げようかと思う
と悲観的になっていたのだが
よくよく話を聞いていると
ダメだった模試の解き直しや
自分の分析を得意科目しかやっていない
ということが分かった。

人は、嫌なことや苦手なこと
失敗したことから目をそらしたくなる。
それは誰でも同じだ。

長所を伸ばしていくことが先決だし
あまり欠点ばかり意識することは
気分も落ちるし、しんどいし
逆にうまくいかなくなる事も多い。


ただ、何度も同じような逆境のケースが
目の前に現れるということ
(この生徒の場合だと本番にへまをすること)は
早くその点に気が付きなさい!
というお知らせだと捉えた方がいい。

失敗したケースがどういう過程で
起こっているのかを分析して
より深く自分を知ることが必要なのだろう。
悔しいとかイライラするような
無駄な感情を捨て、ただ淡々と分析することだ。

誰でもそんな、苦手なこと、失敗したことを
そういう風に捉える、、、なんて
なかなか自分1人では気が付かない。
そこが難しいところだと思う。


人は褒めて教育した方が良いと
あらゆるデータからもそれは証明されている。

しかし、唯一それに弱点があるとしたら
逆境に弱いと言うことかもしれない。

子どもも大人も全く同じだ。
| 経営日記 | 10:25 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/4501
トラックバック