CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< 言葉選びは慎重に | main | 欠点も直視する >>
目標を達成させるには
目標に向かって・・・
がんばります!
一生懸命やります!
などという言葉でだけでは
残念ながら達成することはない
と、私は考えている。

精進しますとか、誠意を持って
などというのも同じ。
それらの言葉からは何も感じないというか
最低限の「熱意」くらいしか
伝わってこないのが正直なところなのだ。

何をがんばり、何を一生懸命やるのか
また、何に精進して
誠意をもって何にどう対応するのか
その辺りまで詳細に明文化したり
声に出したりして宣言しないと
アバウトな感じでは、その熱が冷めるのも
時間の問題だし、ほぼ99%何も変わらないだろう。

目標を立てるときは
大きな範囲の事柄から、中範囲、小範囲と
範囲を狭めていき、最後には具体的に
詳細な行動にまで落とし込む事が不可欠だ。

それでも実践できるかどうかにかかるわけだから
冒頭のようなアバウトな感じでは
達成なんてとんでもない話なのである。
| メンター | 07:36 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/4547
トラックバック