CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< 可能性よりも決心 | main | やっぱ、ものは考えようだ! >>
もてなす、ということ
メルマガ「学習塾 経営談話」
毎週金曜日に発行しています。
(本日発行予定)
登録、解除はこちらよりお願いします。



他人をもてなす、という行為は
その人の人間力とか生き方で
全て決まってくるとつくづく感じる。


もてなすという行為は
「〜しなければいけない」
では十分ではない。

半強制的な対応では
義務感からしかたなくやってもらっている
という感触が否めない。
(もちろん何もされないよりは良いが。)


「〜させてもらう」
というところまでいけば相当だが
せめて「〜してあげたい」
という動機からの行為でないと
相手にうまく伝わらないだろう。


こうした、相手の役に立ちたい
と、内的に湧いてくる思いは
マズローの段階欲求説でいう
最後の「成長欲求」の段階。

最終的に高次元な欲望達成なので
そこまでたどり着いていない人には
内的なものを求めても
極めて難しいものになるだろう。

ああしなさい、こうしなさい
では相手に伝わらない。

日本人の文化だとひとくくりに考えて
おもてなしを考えてもうまくいかないと思う。
| 経営日記 | 07:37 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/4624
トラックバック