CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< 過去も未来も都合良く! | main | 採用、売り手市場 >>
ケチなのは良いけれど・・・
メルマガ「学習塾 経営談話」
毎週金曜日に発行しています。
(本日発行予定)
登録、解除はこちらよりお願いします。


(お金を)まけてもらわないと損だ
という感覚ばかり持っていると・・・


販売する業者側としては
「この人とはもう取引したくないな」
という感情が当然ながら湧いてくる。

まけてもらう、という発想は
「自分だけ得をしたい」
という発想と
「相手にできるだけ得をさせたくない」
というダブルの発想からくるので
どう考えてもタチが悪い。


値切ってナンボ!の時は良いが
そうでない雰囲気のときに
その雰囲気を感じられず
ズケズケと値段交渉をする人がいるが
やはり信頼関係とか思いやり
といった気持ちを持つことは困難だ。

つまり、ほんの少し金額が安くなっても
値段では表せない貴重な「その人の価値」を
その値段以上に落としていることになる。

それに気がつけない根っからのケチ
というのは致命的かもしれない。
| 経営日記 | 07:58 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/4645
トラックバック