CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< お試しはチャンス到来の兆し? | main | 気を使える人 >>
円滑なやり取りをするには
ものごとを自分基準だけで
考えてしまっていることがある。

自分なら●●するのに
自分なら△△と思う、考える

などと、無意識のうちに主観で
想定してしまっているので
そうならないときに問題が起こる。


たとえば、私の場合
学習塾講師になった頃は
「どうしてできない?」
「何回も同じ事を言っているのに!」
と、よく思ったものだ。

上司や先輩講師に相談すると
「その言葉は禁句ですよ!」
と言われたことを
今でも鮮明に覚えている。

伝え方が良くないのと
自分ならこう考えるという
主観が入っていると
うまく行かないのだと教わった。

相手の思考を変えるのは困難だが
自分の考え方やものの見方を
変えるのは容易だ。

ものごとをうまく進行させたいのなら
相手目線、ということを最優先すれば良い。
| メンター | 16:26 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/4650
トラックバック