CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< 今日も断捨離 | main | ありがたいことが次々と >>
状況が良くないときは
状況が良くない時の考え方で
トップやリーダーの資質は決まる。


よく相談ごとを聞いていると
部下や従業員がこの良くない状況を
まったく分かっていない
と言う方がいるが、だからと言って
「状況が良くないじゃないか!」
と、言ったところで、、、である。

その状況から学ぶことや
やるべき事を遂行することが
本来の趣旨であるにもかかわらず
自分のストレスを押しつけるように
「何やっているんだ!」
と言ったところで状況は改善しない。

良くない状況の中ででも
必ずキラッと光る何かがある。

万が一なかったとしても
感謝することはできる。

そこから突破口を切り開いていく
というイメージが湧かないことには
状況改善はあり得ない。


調子が良いときほど引き締め
良くないときは良いところ伸ばす。

子どもたちの学習と全く一緒だ。
| 経営日記 | 08:45 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/4655
トラックバック