CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< うまく行かない理由 | main | ミスはシグナル! >>
宿題とテストについて
先日、ある塾オーナーさんと
「指導方法」について話していて
宿題や確認テストについての話になった。


宿題は必要か不要か。
確認テストはどうか。

答は人それぞれかもしれないし
学校と塾でもその位置づけが大きく違う。


塾には明らかに学力を求めて
生徒も保護者もやって来るのだから
「力を付けなければならない。」

スポーツで喩えるならば
基礎体力を付ける「自主練」が
それに当たるだろう。

宿題として課されなくても
自主的にやるくらいでないと
力なんか付かない、と捉えれば
半ば強制的に課す「宿題」は
無用と言える。

ただ、それができないから
学習塾に通っている生徒には
どうだろうか。

強制的に課す宿題から
自主的にやる家庭学習(自主練)へ
持っていってやることが必要だ。

またできる生徒に対しては
復習だけ自主的にやるのではなく
次の授業の予習を課すことも
効率を考えると必要になってくる。


確認テストについても然り。
生徒の理解度を講師の感覚だけで
判断するのは危なすぎると仰っていた。
僕も同感だ。

結局、宿題もテストも
学習塾には必要ではないか?
と結論付いた。

| 学習塾経営 | 11:10 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/4761
トラックバック