CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< 良い人やものと付き合おう | main | 9月 >>
保護者の想いを知ること
メルマガ「学習塾 経営談話」
毎週金曜日に発行しています。
(本日発行予定)
登録、解除はこちらよりお願いします。


来年から小学生になるお子様を
お持ちのお父様とお話した。

育児期間真っ最中といった感じで
期待と不安が交錯する時期だと
話しながら共感し、とても懐かしく感じた。

学校や塾、習い事など何らかで
子どもに指導する立場の人は
子どもの奥に保護者のこうした想いが
あるという事をけして
忘れてはいけない。

実際に子どもを持つ立場にならなければ
100%それをわかることはできないが
それならば逆に、子どもがいない立場から
客観的な視点で感じることを
自信を持って保護者に伝えられるくらいの
理念と情熱と行動指針を持っておきたい。

そんなのキャリアを積まなきゃわからない
のではなく、そこまで行こうと思う
思考と行動が必要だということ。

若い指導者には若い指導者にしかないものがある。
保護者は当然、そんなことわかっているし
そこに期待して預けているのだから。
| 学習塾経営 | 09:34 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/4860
トラックバック