CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< 働く際のストレスについて | main | 人生を楽しむ >>
AIと教育
メルマガ「学習塾 経営談話」
毎週金曜日に発行しています。
(本日発行予定)
登録、解除はこちらよりお願いします。



AI(人工知能)と教育について
野田先生からとても興味深い
TEDのスピーチを共有してもらった。


現在のAIは「思考すること」
が困難だという。

検索したりパターンにはまる問題は
いくらでも解答できるし
人間の脳よりも何倍も速く
処理することができる。


でも、読解に関してはまだまだで
前後の文から推測するような問題は
極めて正答率が低下するのだそう。

私たち人間は生きていく中で
様々な体験をする。

その体験の中で獲得している情報は
無意識のものも含めると
限りなく無限である。

人、場所、時間、天気、気温、湿度など
起きる現象の可能性は限りなく0%で
唯一無二と言っても良い。

その中で獲得していく情報を
AIに埋め込み、理解させることは
ほぼ不可能に近い。


僕はこの話を聞いて
ふと、詰め込み教育がAIだな
と、思った。

ある程度のことまでは詰め込みでも
解決できるが、新しいことや
突発的に起こること、総合的に判断すべきこと
と、なるとたちまち弱くなってしまう。

誤った解答を提示したり
習っていないから、
持っている知識の中にはないから
などと手詰まりになってしまう。


AIが教育に適用されてくるのは
間違いない。

ただし、人間を教育できるのは
人間でしかないことも明白だ。

改めて考えさせられる
たいへん興味深いスピーチだ。

https://www.youtube.com/watch?v=BXcFEhl7ynM&feature=youtu.be
| 経営日記 | 15:05 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/4870
トラックバック