CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< 学ぶということ | main | システム化に着手 >>
基礎学力の定着について
メルマガ「学習塾 経営談話」
毎週金曜日に発行しています。
(本日発行予定)
登録、解除はこちらよりお願いします。


言っても聞かない
何度言ってもやらない
と、多くの保護者の方が悩まれている。


先日、当塾から京都私学の小学校を
受験され、見事合格された。

小学校入試にはいろんな要素があって
僕個人的には親子で貴重な体験ができる
最高の学びになると思っている。


反対に、幼少期から勉強させるなんて
時期尚早では?と、いう意見もある。

もちろん、親子で楽しみながら
学ぶことが条件ではあるが
その「時期尚早」という
発想には警鐘を鳴らしたい。


小学校低学年くらいまでは
友達といっぱい遊ばせて
3,4年生くらいからは運動させて・・・
などと学習を先送りにするのは良くない。

友人関係や、基礎体力作りが大事なように
基礎学力の定着も大事なのである。

そして何よりも机に向かう習慣がつくことが
低年齢児からの学習には期待できる。


今までは時期尚早だからと
やらなくて良かった勉強だが
いよいよ中学生にもなる頃には
「家で全く勉強をしない」
「言っても聞かない」
と、いうことになっている。

どの分野もバランス良く成長できるように
できるだけ早い段階から教えてあげたい。
| 教育 | 08:47 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/4875
トラックバック