CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< 子どもの生活の基本は「家庭」にあります | main | やる気 >>
当たるキャッチコピーを教えてください
うちの広告をやってくれている友人の会社は、はっきり言って最高です。
最高の技術、最高の理論を持っていますので僕はすごく幸せだと思っています。
表現力は当然最高レベルです。いつも期待している120%越えたものを
提示してくれます。
また、時には厳しく指摘もしてくれます。
そのくらい自分の作成するものに対してプライドを持っているのだと思います。


ところでよく学習塾のオーナーさまから
「チラシやホームページのタイトルで当たるキャッチコピーはないでしょうか?」
「当たる手法ってありますか?」
「貴社のものを真似させてもらっても良いですか?」
というメールをいただきます。

僕はうちのもの(宣伝)を単に真似たとしてもうまくはいかない。
というのを友人から教えてもらっていますのでよくわかるのですが
キャッチコピーで人が動くのではないと言うことです。

一時的にそのキャッチコピーに惹かれてやってくるかもしれませんが
実態を知った時に「キャンセル」が入って終了だと思います。

まず「自信ある商品」があってそれを表現してくれるのがプロだと思います。
効果的なキャッチコピーはその商品から生まれてくるものです。
「当たるキャッチコピー」を考えるのは我々の仕事ではありません。
我々は商品力を上げることが仕事だと発想を変えるべきだと思います。


なんて、これは10年近くお世話になっている友人から身をもって教わったことです。
本来、僕が偉そうに書けることではありません・・・(苦笑)

| よくあるご質問 | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/842
トラックバック