CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< 小学5,6年生の脳はまだまだ柔らかい | main | 一生懸命 >>
共通部分
学習塾や社労士、会計事務所、また医者や弁護士などというと、人の悩みに
応える、などのメンタル的な面が重視されるので「経営」や「もうけ」という言葉に
若干ひけを感じてしまう職種ではないかと思っています。
介護関係も然りですね。

もちろんボランティアでやっていけるわけではありませんので、
職の存続を考えると「売上」は無視して通るわけにはいかない部分であります。
しっかりと売上管理をして働いているスタッフの生活のこと、もちろん
自分自身の生活のことも考え、お客様も従業員もトータルで地域に貢献できる
組織を作っていかなくてはいけないと思っています。



では、実際に形ある商品を扱っている方々というのはいったいどうなのでしょう。
常に「売上」や「もうけ」を意識してセールスしなくてはいけない場合の話です。

商品の良さをアピールしたり、他店より少しでも安く仕入れて安くご提供すること
それのみを考えていれば売れるのでしょうか?

僕は違うと思います。
商品の良さは、インターネットがこれほど普及してしまった以上もはや誰でも
知ることができるようになっていますし、特に嘘はもう通用しなくなっています。
アピールせずとも買い手が直接、質問してくる時代になっています。
(学習塾も同様です。)

価格に関しては、確かに安い大型ショップなどは魅力的かもしれません。
同じものを購入するのであれば安いに越したことはありませんからね。
でもアフターサービス(メンテナンスや故障時の対応)を考えるとどうでしょう。
少し価格が高くても、より信頼できるお店(人)の方で購入すると思います。

ここが今後のポイントになると思っています。どんな職種であっても
「安心して任せられるかどうか」が共通部分になってくることでしょう。

また、それは自分(自社)がアピールするのではなく
他の誰かがアピールしてくれるからこそ信憑性のある事です。

今やるべき事は何なのか。
経営に関して迷ったとき、僕はいつもこの原点に立ち返って考えるようにしています。


| 営業 | 14:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/936
トラックバック