CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
<< やる気が行動に表れるのは子どもも大人も一緒 | main | 小学5,6年生の脳はまだまだ柔らかい >>
ものを売るときのキーワード
昨日、義母が誕生日なので家族みんなで食事に出かけました。
手作りケーキが注文できてちょっとイキな演出なども引き受けてくれたり
ホントいつもよくしてくださるレストランなので、よく利用しています。

ですが、昨日はランチタイムを外したにもかかわらず、予想外の超満席でした。
注文したものすべてが出てきたのは注文してから1時間以上が経過していました。
普通のお店ならきっと「もう良いです」と言って帰ってしまうことでしょう。

さすがに昨日は誕生日と言うこともあったので僕もむっとするところでした。
ところがそこのシェフの態度の良さにすべて許してしまうのですよね。
(まぁ、僕の心も広いのでしょうけど・・・笑)

何よりもそこのシェフの態度が謙虚なんです。
一生懸命さが伝わってくる、と言いますか、とにかく許せちゃうんですよね。
味はいたって普通ですが、遅かったことに対してのお詫び、
いつも来てくれてありがとうございます!という感謝の気持ち。
出てくる料理が忙しいにもかかわらず、まったく雑でないという点、などなど。
すべてがシェフを通じて伝わってきました。
そんなこんなで気持ちよく帰ることができたのです。


ものを相手に買ってもらう時のキーワードは

,修里發痢幣ι福Ε機璽咼后砲紡个垢觝郤圓了廚い魑佑瓩
謙虚な姿勢で売り手に対応する
4脅佞竜せちを忘れない

この3つだと思う。
商品そのものの価値ももちろん大事かもしれない。
待ち時間や、駐車場の有無、立地(行きやすいところにあるか)なども大きな要素かもしれないけど
これらの要素がいくら整っていても上記3つのキーワードが抜けていれば
結局誰も買ってくれなくなる。

昨日のお店には、大事なお客様は連れて行けないかもしれませんが
身内で行くなら全然OKなのです。
3つの条件が備わっているので気持ちよく食事ができるのです。

このお店の課題はまだまだたくさんあると思いますがきっと繁盛されることと思います。
| 営業 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pegablog.jugem.jp/trackback/937
トラックバック