CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
学習塾経営メルマガ           はじめました
メルマガ購読・解除
 
Twitter Let's Twitter !
MOBILE
qrcode
学習塾経営
よく、「そんなに講師さんを採用しても採算が合わないでしょうし
教育したり、また採用したりと、逆に苦労するだけじゃないのですか?」
と、尋ねられます。
続きを読む >>
| 塾 教室運営 | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
基礎と実践
僕はよく子どもたちに運動やスポーツと学習を照らし合わせながら話します。
基礎体力をつけるとき、腹筋や背筋、持久力をつけるためのジョギングなどは
どんなスポーツにも欠かせない基礎的な部分です。
当然この段階をおろそかにしてはいけませんが、こればかりやっていても
競技で勝つことはできません。

次の段階としては、もう少し各種目内で基礎的なこと、
例えば野球なら素振りやキャッチボールなどです。
これも非常に大事ですが、これだけでも競技で勝つことは難しいでしょう。

ある程度基礎的なことができるようになった時点で次の段階では
実践練習が必要になります。競技でいう練習試合ですね。
各チーム内での紅白戦や、近所のチームなどと実践で経験を積んでいきます。
学習で言えば模擬試験などがそれに当たると思います。


テストでよく、家でやり直してみたらできたのに
どうして本番ではできないのだろう・・・
と言う子がいますがまさに実践練習が足りないのですね。
そういう経験を日頃から行っていれば対策案も浮かんでくるでしょう。

今後、高3の大学受験生には特に「実践」を心がけてもらうつもりです。
基礎的なことや、部分的な補強をおろそかにしてはいけませんが、
それだけでは残念ながら高得点は目指せません。

| 塾 教室運営 | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オーストラリア1日目
無事に到着してPCも何とかつながりました。
今日は現地の学校方々とホームステイ先など回りながら
いろいろとお話を伺ってきます。

ここまで来るのにお世話になった方々に本当、感謝しています。
ありがとうございます。
昨日は心配になって(?)フライト直前に「大丈夫?」って
ご連絡までいただきました(笑)。ありがとうございます。

| 塾 教室運営 | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ベテラン塾講師に多い誤解
学習塾の講師を長らくやっていますと、この子はだいたい何点くらいを
取ってくるだろうな、という見当がつくようになります。
もちろんテストの難易度などにもよりますので100発100中ではありませんが
だいたい見当がつきます。

ただ、「ピグマリオン効果」と言うのがありまして、、、
指導者が初めから「この子はこの辺までしかできない」と思って
指導してしまうと、その子は本当にそこまでしか伸びなくなってしまいます。
これだけは絶対に避けなければいけません。

かといって、あまりに難易度の高い問題にばかり触れさせることでその子の
許容度を完全に無視してしまっては、これもまたいけません。

だいたい塾の講師を3〜5年くらい続けますと、講師も自信がついてきます。
自分の目を疑ったり、初心に返ることをふと忘れると自分の見解だけで
指導に携わってしまいます。

「このくらいできるでしょうに・・・」
「えっ?今頃何言ってるの?」
「この前同じことやったのに、また今回もやるの?」
なんて感情が出だしたら危険信号です。

相手が自分の説明でわかってくれた、定着している、と感覚だけで
判断するのは非常に危険です。

結局、ストライクゾーンに投げることのできないピッチャーのように
何も生徒に伝わらなくなってしまう、なんてことにもなりかねません。
気をつけなくてはいけません。
| 塾 教室運営 | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今後の学習塾って・・・
今日はペガサスのオーナー会議が行われるため1日大阪です。
子どもたちの夢実現に向けて、これからペガサスが向かう方向性を
全国(西日本)のオーナーと確かめてきたいと思います。


ところで、これからの学習塾を僕は今までとは少し違う観点で見ています。
もちろん学校の勉強も大事ですし入試制度があり続ける限り入試対策という
言葉もなくならないとは思いますが、子どもや保護者の方々のニーズは
それとはまた違ったものになってくるように思います。

以前、りんご塾で勉強会をさせていただいた時に りんご先生 が
「トップ公立高校が中高一貫校になったら」ということでお話しくださった
のですが、かなり衝撃的でした。
いずれその方向にあるように僕も思いました。

そうなれば確実に既存の学習塾の形態は変化せざるを得ないと思います。
高校入試というニーズがなくなります。
中学3年生が必死になってがんばる講習会にもかなりの変化が起こると思います。
そして中学入試のニーズ。

こんな所だと思います。

食物連鎖の生態ピラミッドの問題ではありませんが、部分的に個体数の変化が
偏って起こってしまうと、ピラミッド全体のバランスが崩れてきます。
そして小規模な生態ピラミッドになってしまいます。

学習塾が今後背負って行かなくてはいけない世の中での使命はいったい
なんなのでしょうか。
それを早く見つけておいた方が良いと思います。
| 塾 教室運営 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
成績が上がるのは塾講師のおかげ?
塾講師というのは気をつけないと生徒たちの成績が上がったのは
自分の指導がよいからだ、と勘違いしてしまいます。
自分の説明の仕方がうまいから?
生徒のモチベーションの上げ方がうまいから?

何でも自分のやり方が良かったと判断してしまいがちです。
ですが、実はそんなことはまったく関係ありません。
成績が上がったのは紛れもなく、本人ががんばったからです。
それ以外の何物でもありません。

と、言うことは学習塾の存在意義は
「がんばれるような環境創り」
これにつきると思います。

この空間が集中できる
問題をやっていて気がついたら授業が終わっていた
何時まで居ても良いですか?

など、子どもたちからこういう声が出始めると成績が伸び始めます。

| 塾 教室運営 | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
京大個別会=スーパー講師派遣会社
京大個別会の孝橋代表から非常に嬉しいメールが届きました。
先生(京都大学生)と少し相性が合わなかった生徒がいたので
その旨、ご連絡させていただいたところ

************************************************************
○○先生の件、ご連絡ありがとうございました。
青森・静岡・福岡では、大変わかりやすくて良い先生という
評判で、特に青森では(人気No1の)▲▲先生の代理を務めています。

本人にも確認しましたが、初対面の場合、緊張して
打ち解けるまでに時間がかかるようです。今後の課題です。
     :
     :
     :
もし○○先生の授業が不満足だった場合は、ちがう先生で
あらためて1コマ無料で時間をとるよう、処置致しますので、
何とか明日は試させて下さい。連絡が遅くなってしまったことは
私(孝橋代表)の責任ですので。◎◎さん(うちの生徒)には失礼が
ないようにしますので、くれぐれもその旨をお伝え願いたいと思います。

************************************************************

このようなメールをいただきました。
(深夜でしたのでメールになったのだと思います。)
孝橋代表、ありがとうございました。


このようにサポートが万全なので、京大個別会の指導に関しては
安心してお任せしています。
こちらの要望に出来るだけ沿うような形で指導できる講師を
きちんと紹介してもらえるので、これほどありがたいシステムはないと思います。

自社であれば、人の管理、教育、シフト、などをすべてやらなくちゃいけませんが
京大個別会であればその手間が一切省けますので経営者または教室長は
業務に専念することができます。

田舎で講師不足の方、近所に大学生の講師たちによる個別指導教室がある方。
大きく差別化出来るシステムだと思います。

京大個別会=スーパー講師派遣会社 だと思っていただいて全く問題ないと
思います。これからの指導システムだと思えてなりません。
| 塾 教室運営 | 05:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まずはやってみましょう!
少し生活のリズムが狂ってしまっているながはまです。
このブログ更新はできるだけ1日の始まりに書きたいのですが
もろもろの作業に追われてしまい今頃の更新になってしまいました。
まだまだ計画性に乏しいです。

ところで昨日、ペガサスの方々とスカイプミーティングを行いました。
便利ですね。非常に便利です。
何を今さら・・・って感じですが、いやぁ〜本当に便利でした(笑)

うちでは(スカイプではありませんが)ネット上での指導を早くから
取り組んできました。かれこれ5年くらいになるでしょうか。
良い面も悪い面もほぼ明確になってきました。

よくうちにはご相談が来ます。
ネット上の講師派遣(京大個別会)やベリタスの授業はどうですか?
というご相談です。
極論は「やってみないとわかりません」です。
うちでの成功事例や失敗事例はいくらでもお話しできますが
うちで成功したから、必ず成功するわけでもないですし
失敗したから必ずどこでやっても失敗するというものでもないと思います。
使用される、オーナーや教室長さまのお考えによるところも大きいです。

だいたい、うまくやっていかれている方々はまずご自身がやってみられます。
体験してみて、それから導入するか否かを判断されています。
体験談は聞かれますが、ご自身が導入することを誰かに聞いたりはしません。

一度やってみて、良ければ続ければよいですし
良くなければやめれば良いだけです。ただそれだけだと思います。
何もしないで
「遠隔地からの講師派遣はまどろっこしいのでは?」
「映像授業なんて子どもたちに効果があるのか?」
などと不安な要素を考えて意見を言うのは評論家や、コンサルタント
(先生と呼ばれる方々)に任せてしまいましょう!(笑)

良いか悪いか、体験されて決められるのが一番良い方法だと思います。
我々は日々生徒たちの学力向上と共に自分たちも向上して行かなくてはいけません。
あぁだ、こうだと憶測で話をしている時間が一番ムダだと思います。
特に経営者の場合は。
| 塾 教室運営 | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
保護者面談の重要性
保護者面談をさせていただくとやはり、初心に戻ります。
自分の中で積み上げてきたものが音を立てて崩れていきます。
これは崩さなくちゃいけないものなので、ガンガン崩せばよいと思います。
僕も今津教室の教室長も毎回、初心に戻されています。


保護者の方々にしてみれば塾の言い分なんて聞きたくありません。

保護者面談をせずに現場で講師業だけに励んでいると
子どもたちを自分の見解で判断してしまいがちです。
あの子はやる気がみられない、がんばると言っても口だけだ、などと
子どもたちが家庭でどのように生活しているのか、などを想像して
指導することなど思いつきもしないものです。

その感覚の違いの軌道修正をするためにも保護者面談は欠かせません。
学習塾オーナー様なら必ず最低でも年に2回はしなくちゃいけません。
ずっとお金をいただいている方のお顔を1年に2回だけしか見ないなんて
それでも少ないくらいです。


本当に必要とされる人になりたいものですね。
日々、勉強です。



今週は多忙なながはまです。
テスト対策、保護者面談、講師採用面接、本部との打ち合わせ、雑務・・・
7月27日(日)まで休みが取れそうにありません(笑)
合間を見て我が子とだけはコミュニケーションを取ろうと思っています。
こうして働けることに感謝ですね。

| 塾 教室運営 | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4月が「憂鬱」から「超多忙」へ
学習塾は3月の合格発表が1年で最後の集大成となりひとまず1年の締めくくりと
いった感じがあります。ですが、すぐに次年度の生徒募集の手を打っておかないと
受験生卒業後の教室が閑散としてしまいます。

教室の雰囲気も寂しくなりますし、経営的にも苦しい時期を迎えることになります。
教室のオーナーなら何とか3月の卒業生分の穴を早めに埋めたいと
考えることと思います。

特に小中学生対象の学習塾の場合は、一番生徒数が多いのが中3生だと
思いますので、全生徒数の20%〜30%が卒業してしまうわけであります。
ですから単純に売上も20〜30%減と言うことになろうかと思います。
中3生の受講時間数比率は他の学年よりも高いと思いますので売上減はもっと
大きくなります。

僕も開校して4年ほど、この「学習塾、4月の憂鬱」を感じていました。
多いときは生徒数50人くらいの時に20人の卒業生を出した年もありました。
月の売上減は45%位だったと思います(極端に言えば半分です)。

そんなときに考えることといえば
「教室が空いている時間(例えば平日の朝・昼)を使って
  パソコン教室をしてみようかな?」だとか
「英会話教室は?」
「幼児教室は?」
などと他業種に目を向けた事業の展開でした。

よく考えればわかることなのですが、45%売上減の状態で他業種に参入しようと
いう元気が出てくるわけもないのですよね。
その当時のテンションではたいていはうまくいかないと思います。


僕の場合は卒業生に助けられました。
「先生どうせ、席空いてるんでしょ!勉強させてくださいよ。自習で良いから。」
と言って高校生が数人、残ってくれたのです。
保護者の方も毎月いらない、と言ってもお月謝を持ってきてくれました。

このままではいけないと思い、高校部をきちんと整備していこう。と感じました。
それから約5年。ようやく現状のポジションまで来ました。
いろいろな方の支えとご協力のおかげです。

4月の「憂鬱」が、今ではおかげさまで「超多忙な時期」に変わりつつあります。
| 塾 教室運営 | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/3PAGES | >>